藪塚石切場跡 群馬県太田市

ph2016082811

伊香保温泉の安宿でゆっくり温泉に浸かるついでに景観が気になっていた群馬県太田市の藪塚石切場跡に行ってみました。

明治中程から石切が始まり最盛期には350人が労働し昭和30年頃に閉鎖されそのままの姿を遺す石切場は如何に。。

細かい説明は他を見て貰う事にし方々の情報を閲覧しナビで場所を合わせ新田義貞の隠し湯と謳われる温泉偽装問題もあった藪塚温泉を過ぎて行きます。

薮塚温泉の事は薮塚石切場跡に来る計画を立てる迄は気に止めていなかったがこの一帯はジャパンスネークセンターや三日月村等の珍スポットも有るしゆっくり1泊で来ると良かったかなとか想いました。

とりあえずこのエリアで最も訪れたかった藪塚石切場跡を今回は訪れましたがナビの示す道の左側に看板はないかと徐行気味に走ると手間なく見付かりました。

ph2016082812

入り口の看板の先に車が停められるスペースが有るとの情報通りに車を停めようとしたが何かその付近で工事をしていて工事関係者に断りを入れると快く停めさせてくました。

入り口からは大した高低差もなく道は明瞭ですね。。

ph2016082813

途中の看板を過ぎて車道の入り口からは5分もすれば着く感じです。

ph2016082814

入り口と言うかちょうど歩いてくとゲートみたいな雰囲気。
ここから先はハッとさせられる異界の雰囲気。
枯れ葉が廃墟や遺跡には寂寥感を伴いマッチしていい感じです。

ph2016082815

入って逝くと。。

四方を垂直に切り立った絶壁の中に立つ事になりました。

ph2016082816

なるほど。。確かにこれは観る価値の有る景観だと想いました。

屹立した藪塚石は上部でオーバーハングのような曲線では無く
全てが直線に切り取られ屋根状になっていたりアーチを形勢していたり様々に感じます。

確かにこれは遺跡、神殿と謳われているだけの事は有ると想いました。
他に来訪者はいませんでしたので凛とした雰囲気と迫力を僕は感じました。

ph2016082817

事前の調べで気になった石切職人が使った足場は入って直ぐに分かるポジションに有りよく崩れないで残っているなと想わせてくれました。
当時書かれた文字や穴は僕にも確認でき他の場所にも散見されました。

ph2016082818

石切場に着いて軽く斜面を上がった先のアーチ形体や巨大柱形体の辺りがとても楽しめたポイントでした。

ph2016082819
ph2016082820

石切場跡の暗がりに入るのは何か畏怖する気分がしましたが光が射し込み幻想的でした。

ph2016082821

暫く探索や景観を楽しみ暗くならないうちに伊香保温泉に向かいました。。

ph2016082822

最後に。。

薮塚石切場跡は噂に違わぬ景観が存在する場所と想いました。

と言うよりよく考えれば石切場跡と言う場所は何ヵ所か訪問しましたが何処もそれぞれインパクトを遺す景観が有るかと想います。

そしてこの薮塚石切場跡に関しては簡素な看板等は設置されていますが基本的に特別な行政や民間の介入なく放置された非観光地なので何か秘密の場所に辿り着いた感があり気分を高揚させます。

そして場所的に僕は車でしか行ってませんが手軽に辿り着ける都合の良さと見学して楽しめるポイントがうまく1ヶ所に纏まっている都合の良さが合わさっているかと想います。

建築建造と言う造り出す2次産業とは逆のその前にある資源採集の破壊する1次産業。。

その過程で偶然にも造り出されるこの様な自然と歪に調和した芸術的副産物。

ここで働いていた沢山の方達の姿を想い浮かべると言葉的には短いながらも悠久の念を禁じ得ません。。

とか言う以前に単純に大きさ高さによる迫力に圧倒されます。

この場所は 手軽に特別な場所に行きたい、観光を何か想い出深いものにしたい、何か厳かな気持ちになり考えたい、金は無いけど楽しみたい 等の項目に当てはまるなら良い場所となると想います。

僕はまたいつか近くに寄ればこの地を訪れたいと想っています。

群馬県太田市藪塚町3426付近 見学無料

ph2016082823